お気軽に公式LINEからお問い合わせください!

『心の美容師Kaori』が運営する【心の美容室】

Kaoriの公式LINEはこちら

小学生 いじめ 親が出来る、子どものメンタル強化法!

Kaori
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kaori
穏やかに、優しい笑顔に溢れる毎日のお手伝いをそっとしていきたいなぁ~と、ゆる~い感じで思っている、マイペースな『心の美容師Kaori』です。
詳しいプロフィールはこちら

『心の美容師Kaori』のページへ来て下さり、ありがとうございます!

今回は、私自身の小学校生活を振り返った時に気付いた

【いじめと悪ふざけは紙一重】について、ご紹介致します!

Kaoriさんの考え方、私には合わないな~と思われる方は、遠慮なくスルーして下さいね!

私たちが、小学校5年生のある日のことです、授業が始まった瞬間に、友人のM子が大声で騒ぎ始めました!

【ぎゃーーーーーーーーっつ!!!!】

【筆箱にジャムが入ってる!!!!!】

M子は、なんまら(北海道弁でとってもの最上級)ブチ切れてました!

泣くわけでもなく、落ち込むわけでもなく、悲しむわけでもなく…

ただ、ただ、ブチ切れながら…

他の友人と、シャーペンや消しゴムについた、ジャムを拭き取ってました…

それを見た私は

何て酷い事をする人がいるんだろう…

信じられない…

最低…

M子がかわいそう…

そしたら…

クラスの男子は

【ぎゃははハハハハハ!!!!!】

犯人は、誰?誰?

ガヤガヤ

ガヤガヤ…

小学生なので、結局誰かが言うから「E太たちがやってたよ~」

この光景を読んで、ほとんどの方が【いじめ】と、思うのではないでしょうか?

でも、M子は違いました…

【仕返ししてやるぞ!!!!】

ぐらいの勢いで、友人達といつも通りその日を過ごします!

その日の帰りも、M子の靴の中に、画びょうが入っていて…

本人もですが、さすがに周りの女子の方が、M子以上にブチ切れてました!

でも、本人はケロッとしていました。

もしそれが私だったら…

きっと泣いてたな…

殻に閉じこもって…

学校に行けなくなったかもな…

と、今考えても思います。

そして、それを親に言えたかというと…

きっと、私は言えなかっただろーなぁ~

って思います。

その理由は2つあって

①そんな事された自分が恥じ

恥ずかしい

②親を悲しませたくない、心配させたく ない

そんな思いだったと思います。

でも、M子はそんな事されても、へっちゃらタイプでした。

M子のお父さんは、冗談が大好きで、本当に本当に面白いお父さんでした。

そして、M子も冗談が大好きでした、悪ふざけも大好きでした!

なので、M子にとっては、おバカを言ったり、ののし知り合ったりは、日常でした。

お兄ちゃんも居たので、遊びの中に日常で悪ふざけは、いつも入っていて、色々な免疫が自然とM子には、身に付いていたんです。

かたや、私は、といいますと…

厳格な親というか、その頃はまだ、両親めちゃくちゃ真面目だったんです。

私がまだ小さな頃は、両親初めての子育てだったので、大事に大事に箱入り娘で育ててくれました。

そして、言葉使いにとっても神経質なお家で、『ずるい』という言葉さえも、禁止されていました。

人を傷つけたり、不愉快にする言葉は家庭では、禁止だったので、そういう言葉を浴びる事なく、ぬくぬくと育ったのが私なので、学校生活では、驚く👀‼️事ばかりでした😅…

母の口癖は

【暴力は暴力でも、言葉の暴力も人を傷つけるし、精神的苦痛に追い込む事は、とっても酷い事なんだからね!しっかり覚えておきなさい!】

でした。

少し話しがズレましたが…

先ほどご紹介したように、育った環境で、言葉や、起こる事の受け取り方は、180度変わります。

ですので、色々な、考え方、話し方、接し方をする人が、世の中にはたくさん居る事を、なるべく多くの情報を、子ども達へ見せたり、聴かせたり、体験させる事が大切だと思いました。

知ってる事が起きる事

体験した事が起きる事

全く知らない事が起きる事では

大人の私たちも、全く反応が変わると思います。

ですので、ご家庭では、出来る限り色々なパターンの人や、考え方、受け取り方がある事と、遊んでるつもりで、冗談を言ったとしても、本気で受け取って、傷ついちゃう子も、世の中には、沢山居る事などを、日常の会話に取り入れて、お話しされてみてくださいね!

そう癖付けしておくと、その場面に突然遭遇した時に、子ども達は、偏った考えではなく、その現場で起きている事だけを、しっかり見れる眼が養われます。

経験した事無い問題が、目の前に例え、現れたとしても、解決する方法を自分で見付けに行く、考えてみる、情報収集する為に人に助けを求める、聴いてみる。

と、色々な方法を試す事が出来るようになります。

その為には、ご家庭で是非、様々な角度から物事を一緒に親子で、見てみる事を、オススメします!

ちなみに、今日お話しした、M子とE太と私の3人は、今となっては、大親友です✨社会人になってから、会う事が多くなり、気付けば、私にとって、かけがえのない存在のふたりです!

本当に人生って

何が起こるかわからないですよね~

そのジャム事件の事も、今となっては、思い出話しに必ず盛り上がる、昔話しのひとつです(笑)

『心の美容師Kaori』でした!

最後まで、読んで下さり、ありがとうございました✨

今日も、子ども達とともに、幸せいっぱい、笑顔いっぱいの毎日をお過ごしください❤️

Ciao!

この記事を書いている人 - WRITER -
Kaori
穏やかに、優しい笑顔に溢れる毎日のお手伝いをそっとしていきたいなぁ~と、ゆる~い感じで思っている、マイペースな『心の美容師Kaori』です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 心の美容師Kaori Oficial Website , 2019 All Rights Reserved.