お気軽に公式LINEからお問い合わせください!

『心の美容師Kaori』が運営する【心の美容室】

Kaoriの公式LINEはこちら

たった5つの質問で、子どもの喧嘩を仲直りさせる方法 小学生  

Kaori
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kaori
穏やかに、優しい笑顔に溢れる毎日のお手伝いをそっとしていきたいなぁ~と、ゆる~い感じで思っている、マイペースな『心の美容師Kaori』です。
詳しいプロフィールはこちら

『心の美容師Kaori』のページへ来て下さりありがとうございます!

 

今回は【たった5つの質問で、子どもの喧嘩を仲直りさせる方法】を、ご紹介致します!

 

小学生に上がると、自分でいろんな事が出来るようになり、物事をとっても良く理解出来るようになります。

 

そんな成長過程で、友達とのコミュニケーションや喧嘩を繰り返しながら子ども達の心は育まれていきます。

 

そんな子ども達へどのようなサポートをすると、自分で問題解決が出来る考え方が身に付くのかを、今回の投稿では、紹介していきます。

 

少しでもみなさんの参考になれば、とっても嬉しいです♡

 

現状把握

以前投稿してあります『子どもが怒った時の対処法 幼児~小学生』で、第一段階の子どもを落ち着かせてまずは聴く事や、理由をアウトプットする為に子どもの口から出るのを待つ事は詳しく書きましたので、まだ読まれて無い方は、そちらを読まれてから読み進めて頂くと、より効果的なので是非チェックされてみてくださいね!

 

①子どもに、何があったのかをまず聴く⇒ふたりの子どもが喧嘩をしている場合で考えますね。

 

意識する事は3つです

 

1⃣【ふたりから理由を聴く、平等に】

 

2⃣【聞いた事をただ受け止めるのみ、大人の意見や、共感は特に必要ありません】

 

3⃣「そっかそっかそうだったんだね~、そうゆう事があって、〇〇はそう思ったんだね、わかったよ。」事実をまず受け止める。

 

②「で、どうしたいの?」「どうしたらいいと思う?」

 

③「ずっと喧嘩していたいの?」「楽しく遊びたいの?」

 

④「そっかそっか~楽しく遊びたいのか~なら、どうしたらいいと思う?」

 

⑤「一番大切な事は何?ドッチボールのボールの取り合いをして、喧嘩をする事だったっけ?ドッチで勝つ事だった?」

 

(一回目は『お友達と仲良く楽しく遊ぶ事じゃなかった???』と、あくまで子どもに聞いてみる、『お友達と仲良く遊ぶことでしょう!?』決めつけた言葉や『何でお友達と仲良くできないの?』あなたはダメな子です、と潜在意識にダメダメを刷り込む言い方はお願いだから、止めて下さい。)

 

 

子どもは、ダメダメダメダメ言われると、私は悪い子とインプットするので、インプットされた時点でそっちの方向にロジックが向きます。

 

そして、言われるたんびに小さな失敗体験がどんどん積み重なり、とっても自分に自信の無い子どもに育ちます。

 

より多くの成功体験の積み重ねを経験してもらい、自分に自信を持って生きていける安定した心を育めるようにサポートして行きましょう。

 

 

喧嘩が大好きで、喧嘩をしたい人はいませんよね?

 

どうしても子どもは自分の感情が抑えきれずコントロールできずにそうなってしまいます。

 

ですが、上記の方法で子ども達と向き合っていると、本当に上手に遊べるようになるんです!何人もの子ども達に私は感動させてもらいました!

 

 

先日は、あれだけすぐにボールの取り合いをして喧嘩しちゃってた子が、他の子が喧嘩しているのを見て、遠くから『仲良くが大事』って言ってくれて(うれし涙)とっても嬉しい出来事でした。

 

子ども達はとっても素直で本当に純粋ですよね。

 

子どもがちゃんと自分でどうやって解決したらいいのか考えて、答えれた時には、とっても私たちもうれしいですよ!

 

ですので、それもそのまま伝えてあげてくださいね!

「凄いじゃん!わかったんだ!そうだね~いいと思います!」って、認める事をまずは、私達、大人がまずは、して見せて行きましょう。

 

仲直りはとっても大切だけど、しなくてもまた仲良く遊ぶのが子ども

よく、どこまで大人が入ればいいのか、わからないと聞きます。

 

正直私も考えてみましたが、正解は無いと思っていて、最終的に本人達が『どうしたいのか?』が一番大切だと思います。

 

 

子ども達は、誰が何が悪かったのか理解しています。

 

大丈夫です。

 

大人の私達がムダに心配し過ぎる為にそれが伝わり、喧嘩が長引く事もあります。

 

私達が『大丈夫!大丈夫』って子ども達を信じていれば、そのようになって行きます。

 

たとえ子ども達が喧嘩して、シナリオ通りの仲直りをしなくても安心してくださいね。

 

ある程度ほっておけば、勝手に仲直りして、また仲良く遊び始めたりするのが子ども達です。

 

あまのじゃくなんです。

 

強制されたらしたくないけど、解放されたらしたくなるんです。

 

あと、私が子ども達へ意識して毎日質問している事は

 

 

①『今日は、どんないい事あった?』⇒良い出来事へ目を向ける癖付け、人間の脳の構造上ネガティブな方向へ考えてしまう事は当たり前です。

 

理由としては、本来人間は、危険を察知する本能が備わっていますので、マイナス部分やネガティブな所へ目が行く、気になる事は、脳の構造上必然的なんです。

 

ですが、意識でいい事に目を向けるようにもなれます。

意識的に良い事を考える癖付けはとっても有効的な方法です!

 

実際に、意識的に【良い事に目を向ける事】を2週間ほど続けてみると…

 

最初は「いい事なんてあるわけないじゃん!」ってほとんどの子ども達が言ってましたが「自分から楽しい話をしてくれるようになってきました!」

是非、お子さんと【嬉しかった事、報告会】を毎日されてみてくださいね☆彡

 

②『何が好き?』

 

『何している時が嬉しい?』

 

『誰と遊んでいる時が楽しい?』と聴くようにしています。

 

 

大人にも今日から使える方法ですので、よかったら日常に意識的に取り入れて自分や、自分を取り巻く周りがHAPPYになっていく変化、みんなが笑顔の時間が増える体験をされてみてくださいね!

DSC_0233

 

先日は、髪を切りながら世界一周旅行をした名古屋のフリーランス美容師【桑本裕樹(くわも)】さんにお願いして

ヘアードネーションをして頂いて、ばっさりショートにしたら子ども達に「やだ、何で切ったの?ブスになった!前の方がよかった」と毎日言われ爆笑している『心の美容師Kaori』でした!

 

大人には大好評でしたが、子ども達にはウケが悪いみたいです(笑)でも、ヘアードネーションを聞きつけ、「先生だれかの為に髪の毛切ったの?」と聞いてくれた子が居てとってもあったかい気持ちになりました。

 

みなさんいつもありがとうございます♡『心の美容師Kaori』

悩み相談も受付中です!

こちらからどうぞ♡

この記事を書いている人 - WRITER -
Kaori
穏やかに、優しい笑顔に溢れる毎日のお手伝いをそっとしていきたいなぁ~と、ゆる~い感じで思っている、マイペースな『心の美容師Kaori』です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 心の美容師Kaori Oficial Website , 2019 All Rights Reserved.